FC2ブログ

中国は法治国家ではない.

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/09/22(水)
久しぶりに変態毎日新聞がまともな記事をあげていましたので,
ここで紹介したいと思います.





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100919-00000003-maiall-intより

<尖閣諸島>領有権って?

毎日新聞 9月19日(日)16時46分配信
 ◇1895年、日本領に編入 資源発見後、中台も主張

 Q 日本の領土の尖閣諸島を、どうして中国も自国の領土だと主張するの?

 A 沖縄県石垣市に属する尖閣諸島は、中国や台湾(中華民国)も領有権を主張しています。台湾は、台湾東部・宜蘭県に属するとしています。中国は「台湾は中国の領土の不可分の一部である」と主張しており、尖閣諸島は中国・台湾省に属するという立場で領有権を主張しています。

 Q 日本が実効支配しているんだよね。

 A 日本は1885年以降、尖閣諸島の現地調査を何度も行った結果、無人島であり、中国・清朝の支配下にもないと確認。1895年1月14日、現地に標識を建てて日本の領土に編入することを閣議決定しました。その後は、日本の領土である南西諸島の一部となり、日本人が入植してカツオ節の製造なども行われましたが、1940年に無人島になりました。

 Q アメリカが支配していた時期もあるの?

 A 日本は敗戦から6年後の51年、旧連合国とサンフランシスコ講和条約を結びました。同条約によって、尖閣諸島は沖縄の一部として米国の施政下に置かれました。71年6月に沖縄返還協定が結ばれ、尖閣諸島も日本に返還されました。

 Q 中国や台湾が領有権を主張する根拠ってなに?

 A 中国も台湾も歴史的、地理的、地質的な根拠を挙げていますが、国際法的には有効な論拠となっていません。日清戦争後の1895年4月17日に調印した下関条約で、日本が中国・清朝から割譲を受けたのは台湾と澎湖諸島です。尖閣諸島は含まれていないのですが、中国と台湾は「尖閣諸島も含む」と主張しています。

 Q 中国や台湾はいつから領有権の主張を始めたの?

 A 国連アジア極東経済委員会による1968年の調査で、尖閣諸島のある東シナ海の大陸棚に石油資源が埋蔵されていると報告された後です。台湾は70年9月、尖閣諸島に「青天白日」旗を立て、71年4月に公式に領有権を主張しました。中国は、71年12月の外務省声明で初めて領有権の主張をしたとされます。中国、台湾のどちらも、サンフランシスコ講和条約で尖閣諸島が米国の施政下に置かれたことに異議を唱えたことはありません。これは、尖閣諸島が南西諸島の一部だと認めていたことを示すと考えられています。(台北支局)











すべての中国国民が阿呆なのか,
一部の過激な中国国民が阿呆なのかよーわかりませんが・・・







一国の首相が次のように発言されています.






http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100922-00000042-jij-int


温首相、「さらなる行動」警告=漁船船長の無条件釈放要求―中国首脳初めて言及

時事通信 9月22日(水)10時41分配信
 【北京時事】新華社電によると、国連総会出席のためニューヨークを訪れている中国の温家宝首相は21日夜(現地時間)、尖閣諸島(中国名・釣魚島)沖で起きた漁船衝突事件で、逮捕された中国人船長を直ちに無条件で釈放するよう日本に要求、釈放しなければ「さらなる行動を取り、これにより生じる深刻な結果は日本が全責任を負うべきだ」と警告した。
 温首相は、在米華僑や中国人留学生らとの会合で発言。中国首脳が事件に言及するのは初めて。
 温首相は、「釣魚島は中国の神聖な領土だ」と強調。「日本が釣魚島海域で漁船を拿捕(だほ)し、今に至るまで船長を釈放しないのは、完全に違法で、道理がない。すでに船長や家族をひどく傷つけ、国内外の全中国人を怒らせた」と主張した。 











ここまで来ると・・・よし、戦争だ.





中国で反日感情が高まると,
日本における反中感情が高まるだけなんですけどね.



もともと多少お金がかかっても国産の製品を買うようにしていますし・・・
今は中国製品以外にも、タイやベトナムの製品も徐々に増えてきていますからね.
安かろう悪かろうの中国製品をわざわざ買う必要はまったくない.
外食も控えれば中国産の食べ物が口に入ってくる機会もかなり減る.



人民元が切り上げられ,
多発する賃上げストで人件費がさらに上がり,
反日感情の高まりから日本企業が中国市場に見切りをつけることを期待します.
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 悠々自適 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。