FC2ブログ

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/01(金)
gold.gif

和名:金(きん)

英名:Gold

羅名:Aurum

原子記号:Au

原子番号:79

分類:遷移元素(第11族)








金(きん)とは,お金(おかね)の金

ゆえに,人の社会において富の象徴



金(きん)とは,金メダルの金

ゆえに,人の社会において栄誉の象徴






人の社会において,金は有史以前から貴重な金属(貴金属)として知られていた.

時の権力者は己の力を誇示するために金を求め,

人々は財産を築くために金を求め,

錬金術師は金を作ろうとした結果,化学を発達させた.







金の最大の特徴は,その「展延性(てんえんせい)」にある.

貴重な金を有効利用とした先人の知恵の結果,生まれたのが金箔(きんぱく)だ.

現在頻用されている四号色(金94.43%、銀4.9%、銅0.66%)は,

1立方センチメートルの金から約10平方メートルの金箔をつくることができる.





江戸時代には,

タヌキの睾丸の皮を用いて金箔を作っていたと言われている.

その結果…「たんたんたぬきの」という曲が生まれたと推測されている.

http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/tantantanuki.html










現代社会において…

金はすぐれた工業用品として利用されている.

化学反応しにく性質(耐食性)や電気を通しやすい性質(導電性)などの優れた特性から,

電子部品の電導体やコネクタの部品として広く利用されている.




また,化学の分野では金の特殊な性質が注目を集めている.

金はその粒子径により物性が変化し,触媒(しょくばい)になりうるという発見である.

今後の研究により金の持つ可能性がさらに広がり,

化学だけでなく科学の分野にも応用されることが期待される.




ちなみに…

金は粒子径により色を変化されることが知られている.

これらはナノテクノロジーの技術の進歩により発見された.












金は医薬品にも利用されている.

現在,医薬品として認可を受けているのはリマウチ治療薬であるオーラノフィンと金チオリンゴ酸ナトリウムである.

オーラノフィンは経口投与可能な医薬品であり,

金チオリンゴ酸ナトリウムは筋注のみ可能な医薬品である.






オーラノフィン

auranofin.png
wikipediaからお借りしました.


名称の由来は,経口(oral;オーラル)と金(Aurum:オールム)をかけたものだと考えられる.




基本骨格は”6単糖(ヘキソース)”

ブドウ糖(D-グルコース)の構造と比較してもらえば,

その構造の類似性がよく分かると思う.

D-Glucose.png




オーラノフィンは構造の類似性から,

能動的に小腸から吸収されると考えられる.













金チオリンゴ酸ナトリウム

kinchioringosanna.png


見ての通り…イオンである.荷電しているので水溶性は高い.

ゆえに,小腸の刷子縁において資質二重層を通過することができない.

経口投与しても吸収されずに排泄されてしまうと考えれる.
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 悠々自適 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。